スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

95年に全面改正

JUGEMテーマ:最近のマイブーム



「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が破綻(倒産)するのである。この件で、初となるペイオフ(預金保護)が発動して、日本振興銀行の全預金者の3%程度とはいえ数千人が、適用対象になったと推計されている。
アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構(DIC)の支払う補償額の限度は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円以内"と規定されている。この機構は政府、日銀そして民間金融機関全体の三者がが同じくらいの割合で
結論、「重大な違反」なのかそうならないのかは、金融庁で判断する。大部分のケースでは、軽微な違反がわんさとあり、その効果で、「重大な違反」判断をされてしまう。
間違えやすいけれど、株式の内容⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、企業は出資されても当該株主について出資金等の返済する義務はないとされている。さらに、株式の換金方法は売却によるものである。
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省から重要業務である金融制度の企画立案事務を移管させてこれまでの金融監督庁という組織を金融再生委員会の下に属する金融庁として組織を変更。翌2001年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
ここでいう「失われた10年」というキーワードは、国全体の、または地域における経済活動が約10年の長い期間にわたって不況並びに停滞に見舞われた時代を語るときに使う語である。
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)から金融制度の企画立案に係る事務を新たに統合し約2年前に発足した金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁として再編。21世紀となった平成13年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
【用語】外貨預金の内容⇒銀行が扱える資金運用商品。米ドルなど外国通貨で預金をする商品である。為替の変動による利益を得られるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
【用語】ペイオフって何?防ぎきれなかった金融機関の経営破綻による業務停止が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護するべき個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
例外を除いてすでに上場済みの企業であるならば、企業の活動を行っていくための資金調達の手段として、株式の上場のほかに社債も発行することが当然になっている。株式と社債の最大の違いとは、社債には返済義務があるということなのだ。
よく聞くコトバ、バブル経済(日本では昭和61年からが有名)って何?不動産、株式などの時価資産の市場価格が過剰な投機により成長(実体経済の)を超過してもべらぼうな高騰を続け、最終的には投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す。
【解説】FX:CFDの一種であり、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す比較的はじめやすい取引のこと。ほかの外貨預金や外貨MMFよりずいぶんと利回りが良いうえ、手数料等も安いのが魅力である。興味があれば証券会社やFX会社へどうぞ。
聞きなれたバンクという単語はもともとイタリア語のbancoに由来している。ヨーロッパ中で最古の銀行とは600年以上も昔の西暦1400年頃に富にあふれていたジェノヴァで設立され大きな影響力のあったサン・ジョルジョ銀行です。
きちんと知っておきたい用語。金融機関の(信用)格付けというものは、信用格付機関によって金融機関、さらには社債などを発行している会社などに関する、信用力(債務の支払能力など)を一定の基準に基づき評価する仕組み。
よく聞くコトバ、保険とは、突如発生する事故で発生した財産上の損失を最小限にするために、よく似た状態の複数の者が定められた保険料を掛け金として納め、集めた資金によって事故が発生した際に保険金を支給する仕組みである。

シャレにならないほど

JUGEMテーマ:最近のマイブーム



重い言葉「銀行の運営なんてものはその銀行に信頼があって繁盛するか、そうでなければ融資するほど値打ちがない銀行であると見込まれたことで順調に進まなくなる。どちらかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった平成22年9月14日、日本振興銀行の経営が破綻したのある。このため、このときはじめてペイオフ(預金保護)が発動し、預金者全体の3%程度、それでも数千人が、適用対象になったのではないだろうか。
よく聞くコトバ、金融機関の(信用)格付けとは→信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関、社債などを発行している会社についての、信用力(債務の支払能力など)を基準・数字を用いて評価するという仕組み。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金というのは銀行が扱える外貨商品のことであって、円以外の外国通貨によって預金する商品の名前です。為替変動によって発生する利益を得る可能性があるけれども、同じように差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
いわゆる「重大な違反」になるのかそうでないのかは、監督官庁である金融庁が判定することであり、大部分のケースでは、軽微な違反が多くあり、その効果で、「重大な違反」認定するものなのです。
よく聞くコトバ、外貨MMF⇒現在、日本国内で売買できる貴重な外貨商品である。外貨預金よりも利回りがよく、為替の変動による利益は非課税として取り扱われるメリットがある。証券会社で購入できます。
タンス預金⇒物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上昇した分だけ現金はお金としての価値が目減りすることになる。すぐには暮らしに必要とは言えない資金は、ぜひとも安全かつ金利が付く商品で管理した方がよいだろう。
最近増えてきた、デリバティブの内容⇒伝統的・古典的な金融取引に加え実物商品や債権取引の相場変動によって起きるリスクをかいくぐるために実用化された金融商品の呼び方であって、金融派生商品といわれることもある。
そのとおり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)が自前でファンドを発売し、それを適正運営するには、とんでもなく数の、業者が「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が事細かに規則により求められているのだ。
MMF:公社債であったり短期金融資産での運用をする投資信託のことを言います。あまり知られていないが取得からまもなく(30日未満)で解約するような場合、その手数料には違約金も合わせて請求されるというものである。
紹介のあった、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)が投資信託などファンドを作り、適正運営するには、大変大量の、業者が「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が法律等により定められていることを知っておきたい。
紹介されることが多い「銀行の経営、それはその銀行に信頼があって繁盛する、もしくはそこに融資するほど価値があるとは言えないと理解されて繁栄できなくなる、二つに一つだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
簡単にわかる解説。外貨預金とは?⇒銀行が取り扱っている外貨商品を指す。日本円以外で預金をする商品である。為替レートの変動によって発生した利益を得られるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
タンス預金やってるの?物価が上昇している(インフレ)局面では、インフレの分相対的に価値が下がるということである。当面の生活になくてもよいお金は、ぜひとも安全性が高くて金利も付く商品に資金を移した方がよい。
認可法人預金保険機構が保険金として支払う補償の最高額は"預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"のみ。預金保険機構は政府だけではなく日銀さらに民間金融機関全体の三者ががだいたい同じ割合で

掛け金として納め、整えた積立金

JUGEMテーマ:最近のマイブーム



きちんと知っておきたい用語。保険は、突然発生する事故による財産上の損失に備えるために、賛同する複数の者が定められた保険料を出し合い、準備した積立金によって想定外に発生する事故が発生した者に掛け金に応じた保険給付を行う仕組みです。
知ってますか?外貨両替って何?日本国外への旅行だったり外貨を手元におく必要がある際に利用されている。ここ数年、円に対して不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
平成7年に全面改正された保険業法により、いわゆる保険会社は生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社のどちらかになり、いずれの形態であっても内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた者のほかは設立できないということ。
であるから「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」の3機能についてを銀行の3大機能と言われる。この機能は「預金」「融資」「為替」の基本業務、最も肝心なその銀行自身の信用力によって実現できるものであると考えられる。
知らないわけにはいかない、バブル経済(世界各国で発生している)とは何か?不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産の市場価格がでたらめな投機により実経済の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態である。
簡単紹介。金融機関の(能力)格付けっていうのは、ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社債を発行している企業、それらの信用力や支払能力などを一定の基準に基づいて評価・公表する仕組み。
知らないわけにはいかない、ロイズとは、シティ(ロンドンの金融街)にある世界的に著名な保険市場なのです。同時にイギリスの制定法により法人と定義された、ブローカーおよびそのシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もある。
金融庁の管轄下にある日本証券業協会、ここでは国内にあるすべての証券会社および登録金融機関が行う株券などの有価証券に関する取引(売買等)を公正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体の調和のとれたさらなる進歩を図り、投資者を守ることを目的としている協会です。
【用語】FX:証拠金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買した差額によって利益を出す比較的はじめやすい取引である。ほかの外貨預金や外貨MMFよりも利回りが良いうえ、手数料等も安いというメリットがある。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社で相談を。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものです。注意:取得から一定期間(30日未満)に解約したい場合、その手数料に罰金が上乗せされるということである。
麻生内閣が発足した平成20年9月に、アメリカで国内第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したことはご存じだろう。これが発端となってその後の世界的な金融危機のきっかけになったので「リーマン・ショック」と呼ばれたわけだ。
タンス預金の常識⇒インフレの局面では、物価が上昇した分お金の価値が目減りするという仕組み。生活に必要のない資金であるのなら、タンス預金をやめて安全性が高くて金利も付く商品で管理した方がよいだろう。
この「銀行の運営がどうなるかは信用によって大成功する、もしくはそこに融資する値打ちがあるとは言えないと見立てられたことで失敗する、二つに一つだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行が経営破綻した。これが起きたために、ついに未経験のペイオフ(預金保護)が発動して、全預金者の約3%とはいえ数千人が、適用対象になったのではないだろうか。
【解説】金融機関の格付け(信用格付け)とは→信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関、そして国債・社債などの発行元についての、真の債務の支払能力などを一定の基準に基づき評価するものである。

多く、銀行の本業

JUGEMテーマ:最近のマイブーム



きちんと知っておきたい用語。外貨MMFについて。現在、国内で売買可能な外貨商品である。外貨預金よりも利回りがよく、為替変動の利益が非課税として取り扱われる魅力がある。証券会社で購入できます。
きちんと知っておきたい用語。ペイオフって何?予期せぬ金融機関の経営破綻による業務停止によって、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護される個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
最近増えてきた、スウィーブサービスはどんな仕組み?普通預金と(同一金融機関・グループの)証券取引口座、2つの口座の間で、株式等の購入のための資金や売却でえた利益などが自動的に双方に振替えられる便利なサービス。同じ金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦ということ。
【用語】バブル経済(わが国では平成3年まで)とは?⇒不動産や株式などといった時価資産が市場で取引される価格が無茶な投機により実体経済の本当の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。
西暦1998年6月に、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係る部分を切り離して、旧総理府の外局として位置付けられた金融監督庁というこれまでになかった組織を設置 することになったとい事情があるのだ。
要は「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、3機能を通常銀行の3大機能と言い、これらは「預金」「融資」「為替」といった業務あわせて銀行自身が持つ信用力によって実現できるといえる。
つまり、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)が新たにファンドを作って、さらに運営するには、とてつもなく大量の「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が法律等により決められているのだ。
重い言葉「銀行の運営の行く末は銀行自身に信用があって繁盛する、もしくは融資するほど値打ちがあるとは言えないと審判されたことで失敗する。どちらかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
実は、第二種(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作って、それを適切に運営していくためには、シャレにならないほど数の、業者が「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が法律等により決められているのだ。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年6月、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を分割して、当時の総理府の内部部局ではなく外局、旧金融監督庁を設けることになったという流れがあるのです。
ということは安定的であり、さらに活発な魅力がある金融市場や取引のシステムを構築するためには、民間企業である金融機関、そして行政がお互いの抱える課題を積極的に解決しなければ。
結論、「重大な違反」になるかそうでないかは、金融庁において判断することであり、ほぼ全ての場合、つまらない違反がたくさんあり、その影響で、「重大な違反」評価するものです。
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務を統合したうえで平成10年に発足した金融監督庁を新組織、金融庁として再編。さらには2001年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
認可法人預金保険機構が一定額までの預金保護のために支払う現在の補償額は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円以内(但し決済用預金は全額)"ということ。同機構は日本政府と日銀ならびに民間金融機関全体の三者がが3分の1程度ずつ
タンス預金⇒インフレの局面では、物価が上昇した分お金の価値が目減りするのです。暮らしに必要なとしていない資金なら、安全ならわずかでも金利が付く商品で管理した方がよいだろう。
1